kugiri.gif
February 15, 2005

icon01.gif 大きな一歩になったかも

ああ、どうしよう。
涙でモニターが霞む(笑)

今夜は、明日オープン予定のリニューアルサイトの制作で深夜まで残業するのは確定で、おまけにどうやら風邪気味っぽくて、喉は痛むし、悪寒はするし。
そうしたら、さっき彼氏からメール来てまして。
要約するとこうです。

『まだ、いろいろ悩む要素があるけど、
同姓するならiccoの両親に挨拶してからがいいな。
それから、来月、妹夫婦が沖縄に帰って来るときに
食事会をするからそのときにiccoも参加してみますか?
最近、この事を言おうかどうか考えていたんだけど』

・・・と。


ふおおぉぉぉ・・・・・!!!

「同姓」じゃなくて「同棲」だよ!
という漢字に弱い彼氏への突っ込みは無しにして。

本当に、歯車が回転を始めてしまいました!
彼氏の帰り際、諦めなくて正解だった・・・。
今とても、胸がいっぱいで。。

どうしよう。
仕事が山程あるのに、ぼーっとしてきたよぅ。(風邪悪化?)

皆さん、ホントに応援ありがとう!!!

icon01.gif 作戦、終了...

燃え尽きた。

の、ひとことに限ります。
こんなにエネルギーのいることだと思わなかった。
結局「ケッコン」については切り出せなかったけど....。

兄の転勤によって、今までマンションに居候していた私がアパートを借りて引っ越す話がなくなり、カレシとの距離も平行線なまま、どこまで続くのかわからない。
そんな不安を抱えたままの1年が過ぎて。
今日、やっとの思いで切り出しました。
兄の持ち家であるこのマンションで、しばらく一緒に住みませんか、ということを。

ふたりで食事して、チョコをつまんで。
テレビを見て。
当たり障りない会話をかわす。
だけど、どうしようもなく緊張して、いつもより口数が多くなる私。テレビの内容も全然頭に入って来ない。
刻々と時間が過ぎて、
「そろそろ帰ろうかな」
と言って、立ち上がった彼を見つめて。
もう、今日のところは諦めよう・・・と思っていた。
「もう、帰る?」

だけど、このブログでたくさんの暖かい励ましや勇気をもらって。
この日と決めた今日に、言わなくちゃ!と思って呼び止める事ができた。
「あの、ちょっと、いいかな」
驚いた顔で私を見る彼。
ビール2本飲んでて少し赤くなってる私。緊張のせいもあるけれど。
立ち上がってた彼に座るように言って、辿々しく、思いを伝えたのでした。
この1年間思い続けていた事を。

彼にとって、兄の家で私と同棲する、という事に抵抗を覚えているのだろう。
だけど、いつ帰るとも知れない兄の留守を待ち続けて動けないまま、週末婚をくり返していては何も変わらないから。

今は、足踏み状態で留まっていた国境をぴょんっと飛び越えた気持ち。
「別に今すぐって言ってるワケじゃないから...考えてくれる?」
と、言いおいて。
告白、終了。

このぐらいのことで手が震えるぐらいだから。
イキナリ結婚話出してたらどうなっちゃっただろ。
付き合い初めの頃から、ゆっくりペースで進んで来たから、この先も少しずつ少しずつ、歩み寄って行くんだろう。

取りあえず、鉄の決心で決めた告白はやり終えました。
「私はあなたと居たいです」
という事。ちゃんと伝わったかな。
ゆっくりじわじわと、緊張がほどけてきて。
涙腺ゆるくなってますけど(笑)

照れて笑って
「考えておくよ」
と言ってくれた。
少しだけ、期待して返事を待ってます。

あ〜、ドキドキしたよう!