kugiri.gif
April 11, 2005

icon01.gif 食事会in霧の街

緊張の食事会、第2ラウンド。
いろいろ問題点はあったものの、父以外の沖縄にいる家族を集めて私と彼氏、祖母、母、兄で計6人での食事会になりました。

実家近くの高台の中華レストラン。到着してから母に電話を入れたらみんな集まっているそうで。緊張しているカレシと店内へ。
夕方から生憎の雨で、せっかくの絶景も霧に包まれて真っ白でした。
ぎこちなく、彼が自己紹介。
そして、私が家族を紹介。
彼氏サイドの食事会よりも、予想していたように静かでした。
誰もお酒飲まないし(笑)

中華のコースを注文して、食べながらの雑談。
うちの家族の中では一番社交的な長男が、いろいろと話を振ってくれました。
予備知識を元に、彼とは同じ大学出身なので、共通の知人の話をしたり。仕事のこととか、いろいろを。

それ以外のみんなは緊張していたのか、
沈黙が訪れる事も多くてカレシは結構気を使ったかもなぁ、と。
母も祖母も、思った以上に何も話さなくて私の方が戸惑ったり。
まぁ、何はともあれお披露目を無事終了して帰り際の
またまたぎこちないカレの挨拶。
「えぇっと。iccoさんとは真剣なおつき合いをしています。
 ので、今後ともよろしくお願いします」
とかなんとか...。
照れくさくて聞いちゃいられないのを笑ってごまかして
「よろしくおねがいします」と私もペコリ。

帰る頃にはすっかり暗くなって、
レストランからは素敵な夜景が見えました。
食べきれなくてお土産に包んでもらった桃まんじゅうをもらって。
駐車場でみんなとお別れ。
いつかまた、打ち解けた雰囲気でお食事会出来るといいな。
なにごとも、ゆっくり時間をかけてね。

「ふぅ〜、汗かいた!」
と帰りの車でカレシが言ってました(笑)
お疲れさまデシタ。